支援マッピング

HOME 支援マッピング 準備性ステージ5

準備性のステージ5のあなたは

次にどのような行動が必要か、また、そのタイミングなど、将来についても計画を立ててみましょう。遺伝や保因については、検査や結果の解釈に専門医の知識と経験が必要になるかもしれません。
あわせて、遺伝カウンセラーは長い期間検査後のフォローや、保因者のケアにつなぐ役割もあります。
病院でのその後のサポートについても知りましょう。 準備性のステージ3

あなたが必要なサポートは

準備性のステージ5のあなたのルートは『スタート→FACT→相談→検査→自己決定』になります。

スタート

今、そしてこれから必要なことを考え始めてみましょう

Fact

検査によって分かること、費用や場所、検査の結果によって次にどんな情報が得られるのかについて知りましょう

相談

自分の人生や次の「節目」を想定して、決断や結論を決めましょう

検査

あなたの保因の可能性がわかるだけでなく、怪我や手術、出産時などに必要な情報にもなります

自己決定

問題を把握したり想定したりして、次の方針と具体策について一緒に考えましょう